読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

karimasu(旧)

日記とゲームとアニメ

20160608(Wed) 釜玉うどん、魚のフライと唐揚げ

日記

5時に寝て、10時に起きた後二度寝して11時半に起きた。

昼食は即席うどんを茹でて釜玉うどんにして食べた。

午後は個人的な調べ物したり少し昼寝したり、グラブルをやっていた。結構時間を浪費してしまった。

夜に「ロッキー2」を見た。

夕飯はスーパーで魚のフライと唐揚げを買ってご飯は無しで食べた。

風呂に入って、25時半からストVを1時間半くらいやった。

寝る前に共闘消化して、4時半くらいに就寝。

20160607(Tue) ラーメン、ハンバーグ

日記

4時に寝て、9時くらいに起きた。

午前はギルティのトレモ。

昼食は「ろく月」で豚白湯ラーメン。

f:id:maidskii:20160608114046j:plain

 

午後はdTVで「ロッキー」を見た後、ちょっと昼寝。

夕方にスーパーに行って買い物をした。

夕飯は家でハンバーグを作って食べた。

f:id:maidskii:20160607191713j:plain

 

21時くらいからギルティのトレモを1時間と、ストVのランクマを4時くらいまでやった。

途中アニメを1本見た。

4時に就寝。

20160606(Mon) ラーメン、寿司、ラーメン

日記

日記を再開することにした。

 

4時半に起きて、アニメを1本見た。

朝食はセブン-イレブンで売ってる「蔦」のラーメン。

f:id:maidskii:20160608114050j:plain

 

1時間半くらいギルティのトレモをして、大学へ。

2限、保険数理。

昼食はランチ半額の看板に釣られて本郷三丁目の「磯はな」で寿司。

午後は研究室で先輩のジャンプを読ませてもらっていた。

最近のHxHの話を理解するため4時間くらいかけて読み込んでいた。

ドリフターズ5巻も読ませてもらった。

夕飯は「山手」で焼きにんにくラーメン+コーンのり。

f:id:maidskii:20160608114048j:plain

 

6限に大学で講義を受けたが、退屈すぎてろくに聞いてなかった。

21時に帰宅。

1時間ほどセイヴァーのプレマ。

グラブルとかやって、風呂に入った。湯加減がちょうどよくて気持ちよかった。

アニメを2本見てのんびりして、4時に就寝。

 

最近の『HUNTER×HUNTER』の話(ヒソカvsクロロ戦)を整理する

ここ数週間のハンターハンターがあまりにも複雑で理解が追いついていなかったので整理をした。4時間くらいかかった…。
 
 
【クロロが使える能力一覧】
 
・盗賊の極意(スキルハンター)
能力:他人の念能力を盗み、本の中に記録してクロロがそれを引き出し使用できる
特性:
一度に使用できる能力は一つまで
右手で本を開いていなければ能力を使用できない
 
栞のテーマ(ダブルフェイス)
能力:スキルハンターに栞を挟むことで、本を開いていなくてもその能力が使用できる
特性:
栞で固定することで右手(両手)を使う能力を使用できる
右手で本を開く+栞で固定で能力を2つまで同時に使える
 
・携帯する他人の運命(ブラックボイス)
能力:アンテナを刺した人間をケータイで命令することで操作できる
特性:
操作できるのは最大で2人まで
アンテナは実物
 
・番いの破壊者(サンアンドムーン)
能力:左手で太陽(プラス)の刻印、右手で月(マイナス)の刻印を押す。互いの刻印が触れ合うと爆発する
特性:
刻印を押すために対象に触れた時間が長いほど爆発の威力が上がる
刻印が消えることはない(能力者が死んでも、本を閉じても消えない)
 
人間の証明(オーダースタンプ)
能力:スタンプを押した”人形"を操作できる
特性:
あまり複雑な命令は与えられない
操作できる数は多い
死体は動かせないがギャラリーフェイクによるコピーは動かせる
人形は首を落とすと停止
「壊せ」という命令で人形が相手の首を破壊しにいく
能力を解除するとスタンプも消える
 
能力:左手で触った物の複製を右手から作ることができる
特性:
生物は物体としてのみコピーできる
複数のコピーを作ることができる
「人形が消滅したらギャラリーフェイクを解除したと判断してもらっていい」
サンアンドムーンとの併用で能力を解除してもコピーが残る場合がある
 
・転校生(コンバートハンズ)
能力:右手で触れた相手がクロロの姿になる。左手で触れるとクロロが相手の姿になる。両手で触れればお互いの姿が入れ替わる
特性:
手の平にマークがあるかでクロロ本人を見分けられる
左手は本を持ちながら発動可能だが、右手で発動するときは栞を使う
「発動後は本を開いて持てば栞を外しても能力を維持できる」
 
 
【クロロの行動の整理】
 
角カッコ内はその時点で発動中の能力を示している
 
・21・22号
戦闘開始
ブラックボイス、ダブルフェイス、サンアンドムーンの紹介
 
・23号
オーダースタンプ、ギャラリーフェイク、コンバートハンズの紹介
戦闘再開
栞でブラックボイスを固定し、発動 [栞:ブラックボイス]
本を開いてコンバートハンズ発動、左手で誰かに変身 [ページ:コンバートハンズ、栞:ブラックボイス]
ブラックボイスを解除し、栞をコンバートハンズへ移動。本を閉じて観客に紛れ込む [栞:コンバートハンズ]
 
・24号
ヒソカがクロロを見失ったところでコンバートハンズを解除、変装して潜伏
栞でギャラリーフェイクを固定し、コピーを生産。次に本を開いてサンアンドムーンを発動。左手でコピーに刻印し、移動。本を閉じてコピー生産→本を開いて刻印→移動を繰り返す [ページ:サンアンドムーン、栞:ギャラリーフェイク]
両方の能力を解除(サンアンドムーンの特性によりコピーと刻印は消えない)
オーダースタンプを発動。コピーにスタンプを押す→コピーに命令(待機or攻撃)→移動を繰り返す。ある程度命令したところで一緒にヒソカを攻撃 [ページ:オーダースタンプ]
ヒソカがコピーの首を切り落とし武器として反撃 [ページ:オーダースタンプ]
(本を開いていることで栞でギャラリーフェイクを固定しているとミスリーディングさせている)
 
・25号
栞でオーダースタンプを固定し、サンアンドムーンを発動。ヒソカが首を切り落としたコピーの胴体に左手でプラスの刻印を押す [ページ:サンアンドムーン、栞:オーダースタンプ]
観客に紛れた後、能力を解除
このタイミングで新たなコピーを生産している?
栞でコンバートハンズを固定し、右手で別人をクロロに変身させる [栞:コンバートハンズ]
本を開いてブラックボイスを発動、偽クロロにアンテナを刺して囮として操作 [ページ:ブラックボイス、栞:コンバートハンズ]
偽クロロが倒されたので能力を解除
 
・26号
(ここから任意の下準備ができるタイミングがある)
コピーを生産?
複数のコピーに右手でサンアンドムーンの刻印(マイナス)を押す [栞:サンアンドムーン]
マイナスの刻印を場内の人間に押し、ブラックボイスのアンテナを刺す [ページ:ブラックボイス、栞:サンアンドムーン]
栞をブラックボイスに移動し、オーダースタンプを発動。何体かのコピーにスタンプを押し、命令して騒動を起こさせる。騒動に紛れて多数のコピーにスタンプを押す [ページ:オーダースタンプ、栞:ブラックボイス]
(ここまで下準備)
場内放送で待機中のコピーに対し一斉に命令 [ページ:オーダースタンプ、栞:ブラックボイス]
マイナスの刻印を押した人間をブラックボイスで操作し、胴体と接触させて爆発を起こす [ページ:オーダースタンプ、栞:ブラックボイス]
 
・27号
2つの刻印つきコピーに命令してヒソカを襲わせる [ページ:オーダースタンプ]
 
-----------------現在ここまで-----------------
 
 
【疑問点】
ブラックボイスはスキルハンターでページを開いたり栞を挟んだりしていない状態でアンテナを刺した場合でも能力発動で相手を操作できるのか?(できなくても一応筋は通る)
26号での能力使用の順序がよくわからない(上記は憶測を含んでいる)
26号での下準備いくらなんでも時間足りなくないか?
 

攻略目線での『Shadowverse』プレイレポート

ゲーム 日記以外

Cygamesがリリース予定の新作デジタルカードゲーム『Shadowverse』のベータテストに当選したのでストVと就活の合間にちびちび遊んでいました。

なかなか面白いです。ゲームのキモとなりそうな部分もわずかに見えてきたので、今回は攻略目線で感想などをまとめていきます。カードゲーマー向きの記事として書いたのでMtG用語やHS用語が多いのはご容赦を。

 

【どんなゲーム?】

基本的にはハースストーンです。

・クラス(HSでいうヒーロー)を選択し、クラスごとに属するカードで構築を行う

・デッキ40枚同名3枚制限(ただしレジェンドも3枚OK)

・初期手札3枚マリガン1回

・ターン毎にマナが増える

・戦闘は殴る対象を選べてダメージはエンド時回復しない

……など。

大きな違いはヒーローパワーにあたるシステムは存在しないこと、マジックでいうエンチャントが存在すること、そして独自システムである「進化」が存在することです。

あと、カードイラストの多くが神撃のバハムートから流用されており(というか描きおろしあるのかこれ?)、シコれる美麗なイラストも特徴です。人によってはこれだけでやる気になるかもしれませんね。

 

【「進化」とは?】

f:id:maidskii:20160304193143j:plain

1ターンに一度、場のキャラクター(クリーチャー、ミニオンにあたるカード)を任意に強化できるシステム。基本的に攻撃力/体力(パワー/タフネスにあたる用語)が+2/+2修正され、召喚酔いを解除できる(ただしプレイヤーは殴れない)。進化時誘発効果をもつカードもあり、その場合は基本的に+1/+1修正。先攻は5T目から進化できてゲーム中2回まで、後攻は4T目から進化できてゲーム中3回まで使用可能。

ゲームに大きなインパクトを与える非常に重要なシステムです。というのも、この進化システムによって先攻後攻の差が逆転するためです。TCGというのはマジックしかり遊戯王しかりCOJしかり、比較的先攻が有利となりがちです。先攻の方が先にクリーチャーを展開し先に攻撃できるため、マウントをとりやすいからです。しかしこの進化システムは後攻が先に使用できる上に召喚酔いが解除されるため、

即座に反撃に転じて盤面の優位を奪うことが可能となる

わけです。さらに進化システムの用途はこれだけではなく、

・進化時誘発効果によってアドバンテージを得る

・序盤に出した小型(1/1)キャラクターを進化させて相手のタフ3キャラと相打ちをとる

・単純に直接攻撃の火力を上げる、クロックを高める

などにも応用できます。

お互いに次の相手ターンの進化を見越したプレイングを要求されるため、駆け引きもより戦略的に深いものとなります。特に先攻側は後攻側に先に進化システムを使われてしまうため、「進化時誘発効果をもつキャラを先に出してエンドしたが、次の相手ターンで進化させたキャラに殴り殺されて効果を使うことができなかった」ということが起こりえることに気をつけなければなりません。

 

【デッキ紹介:エルフ】

ここで一例としてベータテストで僕が実際に使用していたデッキを紹介します。

(テキストがわからないのにデッキリストなんて見せられても…と思われるでしょうが、すみません。カードリストが載ってるサイトはあるようなので探してみてください)

f:id:maidskii:20160304193242j:plain

1/1のフェアリー(トークンのようなものですが、実体あるカードのように手札に補充されます)を展開することに長けたクラスである「エルフ」のカード群から構築される高速アグロデッキです。

未知の環境においてはまずアグロデッキを組んでみるのがスタート地点です。なぜならアグロが環境の速度を定義し、その速度に合わせてコントロールの調整が行われるからです。(参考: Rush Met a Game! vol.1 - | 晴れる屋 )

デッキの動きとしては1〜3ターン目にキャラクターをマナカーブ通りに召喚しつつ、補充される1/1フェアリーで横に展開。相手のユニットが「守護」(HSでいう挑発、Taunt)を持つ場合は火力呪文で除去しひたすら相手の顔面を殴り続けライフを追い詰め、全体+1/+0修正の《風神》や4マナ3点火力《デモンストライク》で押し込んで最速の勝利を目指します。進化は進化時誘発効果でフェアリー2枚を手札に加える《エルフメイジプリンセス》やフェアリーを3/3にしてクロックを高めることに使用します。

使用感は悪くなかったですが、ルール上場に5枚までしかキャラクターを置けないため展開力が制限されていることは気になりました。

次に他のクラスの特徴について、マッチングして対戦した感想を交えて簡単に紹介していきます。

 

【vsロイヤル】

ロイヤルは小型の兵士ユニットと中型の指揮官ユニットによる展開とシナジーを特徴とするクラスです。

あまりクセのない質実剛健なカード群から成ります。

僕も最初はロイヤルでアグロデッキを組もうとしたのですが納得いくデッキができず、現時点ではややカードパワー不足か?と個人的には感じました。

 

【vsウィッチ】

「スペルブースト」と「土の秘術」関連のカード群から成るクラス。

スペルブーストをもつカードは他のスペルをプレイする度に手札の中で強化されていくというデジタルカードゲームならではの他に例を見ない効果をもっています。

注目カードはやはりこの《Time Walk》。

f:id:maidskii:20160304193314j:plain

僕はこの《次元の超越》を2回連続で撃たれて負けたことがあります(怒)

 

【vsドラゴン】

最大PP(マナ)が7以上になるとカードが強化される「覚醒」が特徴。

マナ加速をしてファッティを叩きつけて圧殺するわかりやすいクラスです。

特にハンパないパワーを感じたのが《ジルニトラ》。

f:id:maidskii:20160304193513j:plain

召喚時に5/5トークンが1体、進化でさらにもう1体出るので実質13/13に相当するP/Tを持つのは脅威的です。

 

【vsネクロマンサー】

肥やした墓地を消費してカードが強化される「ネクロマンス」が特徴のクラス。

ちょっと注目カードとか忘れたので割愛。

 

【vsヴァンパイア】

スーサイド系のカード+ライフ10以下でカードが強化される「バーサク」が特徴。

互いにダメージを与えるカードが多く、相手も自分もものすごい勢いでライフが減っていく豪快なクラス。

特に2マナ2/2速攻CIPで互いに2点ダメージの《ブラッドウルフ》は進化も合わせれば瞬間的に6点のダメージを叩き出すことができる要注意カードです。

 

【vsビショップ】

一定のターン数経過後に自壊してキャラクターを召喚したり効果を発動する「カウントダウン」をもつフィールドカード群を特徴とするクラス。

立ち上がりが遅い代わりにカウントダウンから召喚されるキャラクターは比較的強力で、特に4マナカウントダウン1から4/5守護キャラクターを召喚する《清浄の狐》に苦戦させられました。アグロデッキにとって鬼門となるクラスか?

f:id:maidskii:20160304191633j:plain

 

【終わりに】

というわけで『Shadowverse』攻略を書いてみました。

正直自信をもって解説できるほど対戦数をこなせているわけではないので、特にクラスの評価はかなり浅いレベルかもしれません。

しかし短いベータテストの間にも攻略が段階ごとに深まりステップアップしていくのは楽しかったです。

正式にサービス開始してから攻略情報が広まるまで手探りでワイワイするお祭り環境が来るのが待ち遠しい。

映画『キンプリ』は土下座してでもオススメしたい最高のアニメだという話

アニメ

今更ながらに『KING OF PRISM by PrettyRhythm』(『キンプリ』)*1を鑑賞してきました。

まだ2016年始まったばかりですが、早くも今年ベストのアニメ映画となりそうだという確信に近い予感があります。本編58分全てにおいて爆笑の涙と感動の涙が止まることなく、鑑賞後はしばらく映画館から出られなくなるほどの満足感がありました。

本作は2013年4月~2014年3月に放送されたテレビアニメ『プリティーリズム・レインボーライブ』*2のスピンオフ作品です。もともと土曜朝に放送された女児向けアニメの、さらにその中に登場する男性キャラクターと劇場版の新キャラによってストーリーが織りなされる、主に腐女子など女性客向けの作品となっています…が、そんなことは一切関係ありません。超越しています。あらゆる人にオススメしたいアニメです。TVシリーズ未視聴者であっても楽しめます。本編中にダイジェストで過去のストーリーを知ることができますし、Wikipediaや動画サイト等で簡単に登場人物を予習しておけばなお良しです。

今回の映画制作は興行的に崖っぷちの中で、それでも監督はじめスタッフの愛情によって成立した映画だと聞きました*3。これほどまでに情熱が注がれ、そして作品の完成度がその熱意に十二分に応えた奇跡のアニメです。もしこのレベルに匹敵するアニメを再び見られる機会があるとしたら、それはこの『キンプリ』の続編が世に送り出されたときに他ならないでしょう。しかしその続編の制作は今作の興行的な成果次第だといいます。

僕もこの作品を何が何でも応援したいという気持ちになりました。どうかこの作品が次作へ夢をつなぎ、輝きを絶やさないことを祈っています。そしてこの記事を読んだあなたへ、どうか土下座でも何でもするのでこの作品を劇場でご覧になってください。上映館も残りの公開日数も限られていますが、どうぞよろしくお願いいたしします。

2015年に食べたラーメン13選

日記以外

この記事では僕が2015年に食べたラーメンの中で特に印象に残ったものを13本ピックアップして振り返ります。順番はだいたい食べた順です。

(便宜上つけ麺もまぜそばも担々麺もまとめてラーメンと呼んでいます)

 

去年書いた記事はこちら↓

d.hatena.ne.jp

 

(1) 東銀座「むぎとオリーブ」鶏と蛤の濃厚つけ麺

f:id:maidskii:20150107133135j:plain

「クソ美味い」以外の語彙を失った。

既にトッピングの量が半端ないが、この上に特製もあるらしい。

 

(2) 浅草橋「まぜはる」台湾まぜそば

f:id:maidskii:20150528201509j:plain

家から通いやすいこともあって、ちょくちょく食べに行った。

麺が柔らかいのが少し不満だが、十分美味しい。

 

(3) 東北沢「千里眼」ニンニクザンマイプレミアム

f:id:maidskii:20150302155654j:plain

説明不要。見ての通りです。

 

(4) 早稲田「図星」油SOBA

f:id:maidskii:20150330125220j:plain

モチモチした麺に花椒がよく効いていてウマい。

全体としてはあっさりとまとまっており、また食べたくなる。

 

(5) 秋葉原「麺屋 はるか」台湾まぜそば

f:id:maidskii:20150408202254j:plain

台湾まぜそばの「はなび」の系列店。

とにかくダシが美味い。味変の昆布酢もよく合う。

秋葉原の中心部のラーメン店としては「安定」の選択肢だと思う。

 

(6) 日清食品 「行列のできる店のラーメン とりそば 特濃魚介鶏白湯」

f:id:maidskii:20150613221237j:plain

これはカップラーメン。

スープの旨さがブッチギってる。ライスを入れると宇宙。

箱買いした。

 

(7) 本郷三丁目「山手ラーメン 本郷店」みかんラーメン

f:id:maidskii:20150516110435j:plain

東大みかん愛好会と山手ラーメンのコラボメニュー。

温かいラーメンから濃厚なみかんの香りが立ち上がる。食べたときのインパクトは随一。美味いとか不味いとかいう次元では評価不能。

 

(8) 浅草橋「ろく月」豚白湯ラーメン

f:id:maidskii:20150618123914j:plain

豚骨ラーメンの一歩先を行く一杯。

まろやかで臭みのないスープの満足度は非常に高い。

 

(9) 秋葉原「くろ喜」汁なし担々麺

f:id:maidskii:20150930115913j:plain

秋葉原と浅草橋の中間にある「くろ喜」の限定麺。

クリーミーな胡麻、特製のラー油、旨味あふれる肉そぼろ、食べごたえのある茄子など、非常にレベルが高い。

週2くらいで食ってた。

 

(10) 浅草橋「かつお拳」濃厚ぶっつぶしラーメン

f:id:maidskii:20151023194351j:plain

鶏・豚・かつお・煮干しが詰め込まれた濃厚なスープが絶品。

 

(11) 本郷三丁目「山手ラーメン 本郷店」ゆきレタス

f:id:maidskii:20151113113929j:plain

山手本郷の開店5周年記念メニュー。

ゆきにレタスが乗るだけでここまで美味くなるのか…と感動した。

許されるなら自分でレタスパック持ち込んで毎回トッピングしたい。

 

(12) 秋葉原「くろ喜」煮干しそば

f:id:maidskii:20151202115813j:plain

2015年は毎週のようにくろ喜の限定麺を食べに行っていたが、特に美味しかったのがこれ。

上品な煮干しの香りだけを抽出したエグみの全くないスープに今までの煮干し醤油ラーメンの概念を覆された。

 

(13) 浅草橋「ろく月」まぜそばトマティーナ

f:id:maidskii:20151212182820j:plain

2015年で食べた中で一番美味しかったラーメンを挙げるならこれかくろ喜の煮干し醤油になると思う。

魚粉の香りあるタレとトマトソースの和洋融合したウマさに震撼した。白いクリーム状のもの、最初はマヨネーズかと思ったがクリームチーズで感服。タバスコをかけて食べる追い飯がこの世のものとは思えんほどウマい。

 

 

以上です。

結局大半が秋葉原・浅草橋の店になってしまった。もっと遠出すべきですね。